今までで最高の3日間の幸せ、おじいちゃんへの素直な気持ちを書きました。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

 

昨日はスター67

ブックマーク7

皆さん

ありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

今回は大好きな私のおじいちゃんの話。

すいませんが

いつもなら構成考えてオチなど考えますが

今回は素直な気持ちで書きます。

ダラダラになりますがご了承ください。

 

 

 

(9月29日現在)

父親から急に言われました。

「今日はおじいちゃんの命日だぞ」

f:id:tukkoman:20171001084312j:image
それを聞き今回の記事にしようと思いました。

 

 

 

まずおじいちゃんと私の話を

岩手に父親の関係で住んでいた

のムのム少年は生まれは岩手。

ですので、のムのム少年は岩手しか知りません。

5歳になる、のムのム少年は

父親が転勤で実家に帰る事になります。

見慣れた景色の別れ

生まれ育った土地の人々との別れ

同世代の大事な友達の別れ。

友達は最後の別れには車を走って追いかけてくれてましたね。

f:id:tukkoman:20171001085444j:image

 

 

 

そしてまったく知らない土地での生活

のムのム少年は不安で仕方がなかったと思います。

そこで会ったのが最初に書いた

おじいちゃん

始めての孫だからか

本当に可愛がってくれました。

正直、お菓子をくれたりして

良いイメージしかありません。

f:id:tukkoman:20171001085454j:image

 

 

 

そんなのムのム少年は

大好きなおじいちゃんと

一緒にお風呂に入ります。

f:id:tukkoman:20171001085505j:image
そのお風呂は楽しみだったのは覚えています。

大好きなおじいちゃんと一緒に入れる

ワクワクでテンションも上がってましたね。

のムのム少年は一緒にお風呂に入っていると

急にお腹が痛くなりトイレに行きます。

のムのム少年は帰ってくると

様子がおかしいです。

おじいちゃんが湯船に足を上げ

足以外が湯船に埋もれています。

のムのム少年は何が何だか分からなかったでしょうね。

さっきまで元気だったおじいちゃんが

たこと無い状態で動かなくなってました。

 


f:id:tukkoman:20171001093234j:image
おじいちゃんは緊急で病院に運ばれましたが

亡くなりました。

心臓が止まっていたそうです。

 

 

 

それから、のムのム少年は言葉を話さなくなったそうです。

その時の自分は

自分がトイレに行かなければ!

自分がトイレから早く帰っていれば!

もう自分がおじいちゃんを殺してしまった感覚です。

正直、今もそう思う時があります。

 

ちなみに私が今まで生きてきた中で

一番大好きだった人は

おじいちゃん

両親に言われて分かったんですが

おじいちゃんとは3日しか

暮らしてなかったそうですね。

それでも一番は変わりません。

その3日は私の人生で一番の時間だったのかもしれませんね。

f:id:tukkoman:20171001094002j:image

 

 

 

 

おじいちゃんはどう思っていたのかな?

可愛い孫の成長を見たかったんだろうな。

f:id:tukkoman:20171001094013j:image
幼稚園に入学も

幼稚園卒業も

小学生、中学生、受験の頑張り

恋人の紹介、結婚した私、

子供からしっかり大人になり一人前になった私を。

f:id:tukkoman:20171001094952j:image

 

 

 

 

 

会いたい会いたいなぁ

おじいちゃん

そして言いたいなぁ

ありがとうって。

f:id:tukkoman:20171001094345j:image

 

 私は一番大好きな人に

ありがとうと言えませんでした。

 

皆さんはそんな大好きな人に今、

ありがとうと言えますか?