【のムのム】自然体つぶやきブログ

MENU

やべっちFCを見て泣いてしまった、中村憲剛選手とフロンターレ。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

最近やっと去年のテレビを見始めたと書きました。

その中のひとつの番組

ベストムックシリーズ・75 やべっちFCワールドカップ完全読本 (BEST MOOK SERIES 75)

 

やべっちFC

完全Jリーグ応援番組です。

この番組で泣いてしまった事を書きます。


サッカーショップフットボールマックス』

 

まず私はジュビロ磐田のファンです。

サッカーダイジェスト2017年3/23号 ([特集]2017年シーズン J1&J2全40クラブの ファーストインパクト 開幕後に見えた カラーと最新序列 [クラブダイジェスト2017]ジュビロ磐田※ポスターはついておりません)[雑誌]

プロフィールにも書いていますが

今回はジュビロ磐田の話ではないです。

 

今回は

FOOTBALL PEOPLE 川崎フロンターレ編 (ぴあMOOK)

川崎フロンターレのお話です。

川崎フロンターレと言えば

思い当たる選手は

残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

中村憲剛選手

ではないでしょうか?

サッカーは分からない方でも

名前や顔は知っているかもしれません。

 

まず一つ一つ紹介します。

川崎フロンターレとは

川崎フロンターレは、

日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、

日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

 

1955年に創部された「富士通サッカー部」が前身であり、

1972年に日本サッカーリーグへ昇格、

1992年からジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ参加。

1996年に「富士通川崎フットボールクラブ」(ふじつうかわさきフットボールクラブ)へ改称し、

11月21日に運営会社となる

富士通川崎スポーツマネジメント株式会社」

(ふじつうかわさきスポーツマネジメント)

を設立。

1997年にJリーグ準会員となり、名称が公募によって川崎フロンターレと決定された。

 

 

そして先程の中村憲剛選手は

2003年からずっと川崎フロンターレ一筋でした。

中村憲剛のスルーパスの極意 (トップアスリートKAMIWAZAプレミアム)

2003年は川崎フロンターレはJ2でした。

J2とは簡単に言うと2部。

2部の時に中村憲剛選手はテスト生として入団しました。

2004年に川崎フロンターレはJ2で優勝し

2005年からJ1という1部に昇格。

2006年には昇格したばかりなのに

2位を獲得

2007年にはリーグとは違うカップ杯がありますが

準優勝

2008年も

2位

2009年はずっと首位だった川崎フロンターレ

しかし終盤に最下位のチームに負けて

首位陥落しこの年も

2位でした。

そしてカップ杯も

準優勝でした。

JリーグオフィシャルDVD 川崎フロンターレ2009

 

実は川崎フロンターレ

カップ杯は3度優勝を直前で逃してます。

2000年、2007年、2009年

全て準優勝

ある方からは

シルバーコレクター」と

言われるようになりました。

f:id:tukkoman:20180128074046j:image

そこから川崎フロンターレは低迷します。

2010年~2015年まで

約6年

優勝に絡まなくなりました。

 

 

2016年

ある出来事から変わります。

大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル DVD突破技&決め技スペシャル (DVD付)

大久保嘉人の得点力の覚醒。

風間八宏 FOOTBALL CLINIC Vol.1 [DVD]

風間八宏の約5年間の成果

こちらが全てではないですが

結果が見えてきます。

2016年

J1前期

2位

天皇杯

準優勝

フットボールサミット第32回 川崎フロンターレ 夢の新等々力劇場

中村憲剛選手はまた

2番ばかり

日本代表でも実力はあるのに

周りが凄すぎてレギュラーも取れず

中村俊輔 サッカー覚書

Number(ナンバー)884号 特集 本田圭佑 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))

常に2番手の位置にいました。

 

 

そして2017年

カップ杯でまたもや

準優勝

セレッソ大阪 2017 ルヴァンカップ優勝記念特別号 【特別付録】優勝記念ジャンボポスター付き (サッカーマガジン12月号増刊)

 

そしてリーグ戦は優勝争いをしていましたが

自力優勝は無くなっていました。

最終節に

鹿島アントラーズが引き分けか負けで

さらに川崎フロンターレが勝ちが絶対条件。

かなり優勝は無理な展開です。

川崎フロンターレは大勝。

鹿島アントラーズは引き分け。

川崎フロンターレ

優勝です!

サッカーマガジン増刊 川崎フロンターレ 2017 J1 優勝記念号

川崎フロンターレは初のタイトル獲得。

 

 

その時に中村憲剛選手は

FOOTBALL PEOPLE川崎フロンターレ 2017→2018SPECIAL (ぴあMOOK)

泣き崩れました。

私たちはただ川崎フロンターレが優勝したんだぁ

それだけしか思わないかもしれませんが

中村憲剛選手は

約15年かかりました。

長かったでしょう。

 

ずっとずっと2番。

 

チームも自分もずっと2番。

 

どんだけ頑張ってもずっと2番。

 

そしてずっと2番のまま

もう36歳になりました。

もう普通だったら引退の歳です。

 

それがやっと優勝。

もうその時の感情は表せないです。

その時の映像ですが

中村憲剛選手に

選手やスタッフが集まります。

中村憲剛選手がどれだけ貢献していたかが分かる瞬間です。

中村憲剛選手は立てません。

やっとやっと自分がやってきた事が

間違っていなかったのですから。

やっとフロンターレのファンに貢献した

やっと自分の結果が出せた。

その15年の涙でした。

 

最後まで見てくれて

ありがとうございましたm(__)m

 

昨日は

スター

f:id:tukkoman:20180128083856j:image

ブックマーク

f:id:tukkoman:20180128083905j:image

f:id:tukkoman:20180128083915j:image

f:id:tukkoman:20180128083924j:image

f:id:tukkoman:20180128083934j:image

f:id:tukkoman:20180128083941j:image

ありがとう

ございましたm(__)m

こちらの記事はTwitterから読まれてる方が

凄かったです。

ありがたいですね。