【のムのム】自然体つぶやきブログ

MENU

サッカーW杯の知名度が衝撃だった。また感動の名言も紹介します。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

最近テレビを見てましたら

サッカーワールドカップの特集をしていました。

キリンビール KIRIN オリジナル2018 サッカー日本代表卓上カレンダー サムライブルー なでしこジャパン 非売品・未開封

特集内容は渋谷の若者100人に聞いた

ロシアワールドカップの世論調査

私はこれを見た時に衝撃でした。

 

(100人対象)

【ワールドカップの開催国は?】

正解100人中15人

 

【ワールドカップの開催日は?】

正解100人中13人

 

【ワールドカップの対戦国は?】

正解100人中9人

 

【選手の顔と名前が一致】

正解100人中23人

 

【今の監督の名前は?】

(西野監督になる前)

正解100人中29人

 

おおう!

サッカー好きの私としては衝撃。

さらに衝撃だったのが

ハリルホジッチ監督の解任。

いろいろあっただろうが

正直、今は無いだろう!

お陰でただでさえ人気が無くなった

サッカー日本代表のイメージが悪くなってしまう!

 

これはイカンと思い

私は緊急で記事を書こうと思いました。

今回は主要選手を紹介と

その選手の名言などを付け加えて紹介します。

 

 

 

 

 

 

長谷部誠

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

日本人選手、史上最多ブンデスリーガ出場中。

センターハーフを本職としつつ

サイドでの起用にも対応する高い戦術理解力と抜群の安定感を兼ね備える。

持ち前のテクニックに加え、

欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得し、

守備でも危険察知力、カバーリングが成長した選手。

                                                     (Wikipediaより)

 

 

長谷部誠の名言集】

熱きキャプテン 長谷部誠―蒼きSAMURAI〈2〉 (蒼きSAMURAI 2)

 

答えのないような事を延々考えすぎて

迷いが出ている時には

身近で頑張ってる人を見る。

それで勇気が出る。

 

 

愚痴を言わない。

愚痴は安易な解決法で

何の解決法にならない。

 

 

誰に対しても視線をフラットに保ち

対等な立場で接する。

 

 

常に最悪な状況を想像し

それを受け止める覚悟を持っておく。

 

 

 

 

 

 

長友佑都

([な]10-1)日本男児 (ポプラ文庫 日本文学)

豊富な運動量と抜群のスピードが武器のサイドバック

俊敏性に優れ、1対1に強く上背はないが、

大型FWにも競り負けないフィジカルと

身体能力の高さを併せ持つ。

                                                     (Wikipediaより)

 

長友佑都の名言集】 

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

 

僕にはサッカーの才能はないが努力を続ける才能は誰にも負けたくない

 

 

成功は人の表面を飾り、 失敗は人の心を豊かにする。

 

 

「ありがたいな」と思う気持ち

感謝の心を持つことは、

そういう小さな幸せを手にする

チャンスをたくさん作ってくれる。

 

 

成長するために、感謝の心は必要不可欠なんだ。

 

 

サッカーで上を目指したいという思いは、
自分のためなのかもしれない。
でも、僕が目標を達成し、夢を叶えることで、恩返しができる。
「恩返しをしたい。恩返しをしなくちゃいけない」
そんな感謝の心が僕に力を与えてくれる。

                                                    こちらから抜粋

 

 

 

 

 

 

大迫勇也

大迫 勇也 日本代表 ST+ パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-156

身体の入れ方や手の使い方などが上手く裏への抜け出し、

反転や足の振りなども速い選手。

尚且つ視野も広くパスセンスにも優れているので、

くさびの部分から様々な展開が期待でき、

所謂ポストプレーからの柔軟性も兼ね備えている。

                                                      (Wikipediaより)

 

 

【小学生からストイック】

大迫 勇也 日本代表 ST パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-155

鹿児島県薩摩半島西岸に位置する、

南さつま市の小3年時にスポーツ少年団

サッカーを始めた大迫だが、

同級生で入団したのはわずか4人。

練習も週に2回程度しかない弱小チームだった。

当時からサッカーを第一に考え、

炭酸飲料は口にしなかった。

背を伸ばすために給食では余った牛乳をもらい2~3パックを飲むのが習慣だった。

地方大会では優勝出来るが県大会では早々敗退。

そんな状態がより良い環境でサッカーをするため大きな決断を下す。

家族に「サッカーで勝負したい」と打ち明け、県内の強豪中学の監督や練習環境などの情報を収集した。

鹿児島育英館中では体育科に在籍。

週3回は午後の授業がサッカーの練習に充てられサッカー漬けの日々を送った。

 

こちらより参照

 

 

 

 

 

 

まとめ

こちらに書いた3選手はレギュラーでしょう。

努力もしているし、心意気が素晴らしいと思います。

私も見習わないとと思った共に

力をもらえます。

そして

サッカー日本代表頑張れ!

そう思います。

 

 

 

 

 

 

最後に

ユニバーシアード夏季大会開催中

8月29日早朝のこと。

新北市にある選手村近くの公園で、

ほうきやゴミ袋を持った青年たちが掃除している姿が目撃された。

青年の背中に書かれていたのは「JAPAN」の文字。

日本の男子サッカー代表だったのである!

彼らは、誰に頼まれたわけでもなく自主的に清掃していたのだ。

f:id:tukkoman:20180426044606j:image

旗手選手は掃除の理由を

「公園は子供が遊ぶ場所だから、キレイにしないといけないと思った」

と話しているといい、

そのシンプルかつ温かい思いが、再び感動を呼んでいる。

 

最後まで見てくれて

ありがとうございましたm(__)m

 

昨日は

スター

f:id:tukkoman:20180426071543j:image

ブックマーク

f:id:tukkoman:20180426071553j:image

f:id:tukkoman:20180426071600j:image

f:id:tukkoman:20180426071606j:image

f:id:tukkoman:20180426071615j:image

f:id:tukkoman:20180426071622j:image

f:id:tukkoman:20180426071629j:image

f:id:tukkoman:20180426071636j:image

ありがとう

ございましたm(__)m

アイス人気ですね!

やっぱり人気の商品の新しい味は

気になっちゃいますよね。

またお菓子祭りファンとか

これを見て買ったとか

本当に嬉しいです!

ありがとうございますm(__)m

今日も頑張って生きます。