【のムのム】自然体つぶやきブログ

MENU

目線を変えたM-1グランプリ2018!自分が視点を変えた見方を書きます。最後に霜降り明星の涙の感動秘話もあり。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

去年のM-1でこんな記事書いてました。

気になる事がありましたので、また書いていきたいと思います。

今回は

目線を変えたM-1グランプリ2018を書いていきます。

 

松本人志のお笑い使命感が強い

新たなる闘いのはじまり

M-1を見ていた方は分かると思いますが、松本人志さんはエンディングで泣きそうになっていました。

理由は

M-1は最初重たかったのをみんなで最後までチームプレーで盛り上げようとして泣きそうになった」

と最後にコメントしていました。

なんでそうなったか考えてみます。

 

【本当にお笑いが好きだから】

未知なる戦い

松本さんはお笑いを無くしてはいけないと思っています。

だからこそM-1の凄い重圧の審査員もやり、去年は未来のお笑いの為に博多華丸・大吉さんの大吉さん審査員としてお願いしてました。

 

今年も変わりません。

M-1が無くなればテレビのお笑いの目標が無くなる、そうなるとお笑い芸人は頑張るものが無くなります。

そうなると笑いに対する貪欲さが無くなる。

笑いの良いものが生まれなくなる

そう考えているんじゃないでしょうか?

 

 

 

【実は裏方にまわっていた松本人志

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン6 予告編

M-1では松本さんは裏方になってましたね。

そう思われてない方もいると思いますが、松本さんは裏方になってました。

審査員が厳しい採点や意見の後に松本さんはどうしていましたか?

ボケていましたね。

松本家の休日7 [DVD]

これは松本さんの裏方の力かと思います。

厳しい意見は場を締めてしまいます、もちろん審査ですから言うのは当たり前。

しかし締めてしまうと笑いの大会ですから、その後の漫才師はやりにくくなってしまう。

お客さんも笑いもしにくくなる。

笑いって楽しむものですからね。

そこで松本さんはボケて場を緩和しています。

新たなる挑戦者たち

笑いの大事な大会。

自分たちが変な空気で頑張って来た芸人さんたちの努力を無駄にしたくないし

そんな事でお笑いを無にしたくないと心の奥にあったんじゃないでしょうか?

だからこそ最後のコメントも泣きそうになったというのもあると思います。

 

全てお笑いの為

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4 予告編

だからこそ、M-1キングオブコントもW-1も松本さんは出演しています。

普通あんな人生がかかった番組やりたくないよ。

お笑いが好きだからやるんです。

 

 

オール巨人の審査力が凄い

男の子守唄

今回は審査員が結構変わり3人新しく入りました。

塙さんはネットでは審査員として評価は高かったし、志らくさんは落語家さんらしく独特の表現からの納得する審査や

富澤さんのネタ以外の大事な部分などの共感など色々ありました。

そんな中ベテランの審査員の巨人さんは安定してましたね。

ベストコレクション ~男の歌日記~

芸人の見取り図の審査もお客さんの動きを見たコメントしていたし

 

ジャルジャルの審査も素人でも分かるように芸人の細かい技術も説明していたし

 

ギャロップも巨人さんは本人たちの評価は高かったでしたが漫才審査は低めにしてシビアになっていたし

 

ミキの審査ではミキの弱点を見つけて評価してたし

 

トムブラウンは面白かったが漫才としてどうかでシビアに評価してたし

 

霜降り明星も最近の漫才のトレンドの流れを見てコメントしていたし

ベストコレクション ?男の歌日記? (Selected Edition)

とりあえず巨人さんは審査が丁寧で相当勉強しているし、客観的に見れていて凄いと思いました。

 

それもそのはず巨人さんのブログでは

ブログから抜粋ですが

 

「お酒も、もう8日間飲んでませんねん、いつもM―1の審査員に行く前は禁酒して挑んでますので、演者は人生がかかってますから」

天国への手紙/通天閣も笑てるわ

自分の曲に酒を入れるぐらいなのに、お酒を絶ってまで審査員をする責任感。

それぐらい巨人師匠は覚悟して審査してます。

 

 

 

霜降り明星人間力

f:id:tukkoman:20181206083854j:image

M-1の本番とは関係ないですが

素晴らしいニュースがあったんで紹介します。

こちらなんですが

霜降り明星は優勝してから拠点としている「-漫才劇場」

同劇場の出演芸人で初めてM-1王者となり、舞台ではお客さんから沢山の拍手をもらい

霜降り明星の二人は号泣

せいやさんは

「ほぼ毎日、(-漫才劇場に)出ていたので母校に帰ってきたみたいです。あそこで泣いた、あそこですべったとよみがえってくる」

私も読んでいるだけで涙が流れました。

その動画はこちら

いやーまた見たらまた泣いてしまいます。

 

ちなみにこちらのニュースは結構有名になっていますが、実は隠れた良い話があります。

こちらですね。

霜降りのネタを舞台袖の芸人たちも泣きながら見ていたことが明かされ、

さらに一番泣いていたのは

見取り図・盛山と暴露された。

f:id:tukkoman:20181206090150j:image

見取り図と言えばM-1でも出場していた漫才師です。

 

本来ならライバルであるはずの芸人たちからの祝福を受け、2人は感謝する。

中でも決勝の舞台で戦った見取り図盛山に対して

せいや

「何やねんってなっててもおかしくないのに。心優しいモンスターというか……ほんまええ人です」

と噛みしめた。

 

どうでしたでしょうか?

優勝うんぬんより他の某批判などがピックアップしてますが、

正直、どうでもいい!

もっともっと感銘を受けるのは他の方だと思います。

芸人や審査員やスタッフや他の方々はメチャクチャ頑張っています。

某批判はもう裏で解決してください。

今はM-1で評価される方が評価されるべきだと思います。

 

最後まで見てくれて
ありがとうございましたm(__)m

 

昨日は
スター

f:id:tukkoman:20181206093831j:image

ブックマーク

f:id:tukkoman:20181206093845j:image

f:id:tukkoman:20181206093900j:image

f:id:tukkoman:20181206093913j:image

f:id:tukkoman:20181206093928j:image

f:id:tukkoman:20181206093947j:image

f:id:tukkoman:20181206093957j:image

f:id:tukkoman:20181206094008j:image

f:id:tukkoman:20181206094020j:image

ありがとうございましたm(__)m

ピノのパッケージが気になってる方がいましたが、他にも沢山パッケージがあります。

ミッキーがアップになったりですね。

手に取ったのがこれだっただけです。

私のオススメ以外にたけのこの里も人気でしたね、美味いよ~。