【のムのム】自然体つぶやきブログ

【のムのム】自然体つぶやきブログ

自分の疑問や自分の主観をただ書くブログ

MENU

獣神サンダーライガー引退。だからこそIWGPジュニアヘビー級王座をまとめてみようと思う。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

最近衝撃的なニュースが入ってきました。

獣神サンダーライガー引退!

f:id:tukkoman:20190318123558j:image

          (新日本プロレス公式サイトより)

プロレスファンならレジェンド中のレジェンドと分かるほどの凄い方。

プロレスを知らない方でも名前や姿は知ってる方はいるんじゃないでしょう?

 

実際、私はプロレスはライガー選手から入りました。

そしてプロレスは重量級のヘビー級、そしてライガー選手がいる軽量級のジュニアヘビー級とあります。

基本、皆さんはヘビー級などをメインで見たりしますが、私は

完全にジュニア派!

新日本Jr最強決定戦 PART1 BEST OF SUPER Jr.IX [DVD]

多分、ジュニア選手で山手線ゲームなら絶対負けないぐらいの選手の知識量はあります。

そこで今回はそんな私が

新日本プロレスIWGPジュニアヘビー級王座を全まとめてみます。

プロレス好き以外は誰得な記事を紹介します。

 

歴代IWGPジュニアヘビー級王座保持者

新日本プロレス・オフィシャル DVD BEST OF THE SUPER Jr.XV

初代

越中詩郎

 

第2代
高田伸彦

第3代
越中詩郎


第4代
小林邦昭


第5代
馳浩


第6代
オーエン・ハート

第7代
越中詩郎

第8代
馳浩

第9代
獣神サンダー・ライガー

第10代
佐野直

第11代
獣神サンダー・ライガー

第12代
ペガサス・キッド

第13代
獣神サンダー・ライガー

第14代
保永昇男


第15代
獣神サンダー・ライガー

第16代
野上彰

第17代
保永昇男

第18代
獣神サンダー・ライガー

第19代
エル・サムライ

第20代
ウルティモ・ドラゴン

第21代
獣神サンダー・ライガー

第22代
保永昇男

第23代
金本浩二

第24代
サブゥー

第25代
金本浩二

第26代
獣神サンダー・ライガー


第27代
ザ・グレート・サスケ

第28代
ウルティモ・ドラゴン

第29代
獣神サンダー・ライガー

第30代
エル・サムライ

第31代
大谷晋二郎

第32代
獣神サンダー・ライガー

第33代
金本浩二

第34代
ケンドー・カシン

第35代
獣神サンダー・ライガー

第36代
フベントゥ・ゲレーラ

第37代
獣神サンダー・ライガー

第38代
高岩竜一

第39代
田中稔

第40代
成瀬昌由

第41代
ケンドー・カシン

第42代
田中稔

第43代
金本浩二

第44代
タイガーマスク (4代目)

第45代
邪道

第46代
ヒート

第47代
タイガーマスク(4代目)


第48代
ブラック・タイガー(4代目)

第49代
タイガーマスク(4代目)

第50代
金本浩二

第51代


第52代
田口隆祐

第53代
井上亘

第54代
タイガーマスク(4代目)

第55代
ロウ・キー

第56代
タイガーマスク(4代目)

第57代
ミスティコ

第58代
タイガーマスク(4代目)

第59代
丸藤正道

第60代
プリンス・デヴィット

第61代
飯伏幸太

第62代
プリンス・デヴィット

第63代
ロウ・キー

第64代
飯伏幸太

第65代
ロウ・キー

第66代
プリンス・デヴィット


第67代
飯伏幸太

第68代
KUSHIDA

第69代
田口隆祐

第70代
ケニー・オメガ

第71代
KUSHIDA

第72代
ケニー・オメガ

第73代
KUSHIDA

第74代
BUSHI

第75代
KUSHIDA

第76代
高橋ヒロム

第77代
KUSHIDA

第78代
ウィル・オスプレイ

第79代
マーティ・スカル

第80代
ウィル・オスプレイ

第81代
髙橋ヒロム

第82代
KUSHIDA

第83代
石森太二

 

となっております。

プロレスファンなら色んな思い出の王者がいると思いますが、ピックアップするのは

この選手王者になってないの?

新日本プロレス 闘魂ショップ リコシェALL HAIL THE KINGTシャツ XL

そんな選手います。

垣原賢人、外道、ミラノコレクションA.T. 、スペルデルフィン、内藤哲也リコシェTAKAみちのく、タイチ、後藤洋央紀柴田勝頼アメリカン・ドラゴン(ブライアン・ダニエルズ)、デスペラード

思い当たるだけでこのぐらいいます。

 

ちなみにヘビーで活躍している選手の名前は元はジュニア選手でした。

 

 

 

歴代IWGPジュニアヘビー級王座のデータまとめ

新日本Jr最強決定戦 PART2 BEST OF SUPER Jr.IX [DVD]

【最多栄冠回数】

1位

獣神サンダーライガー

11回

 

2位

タイガーマスク(4代目)

KUSHIDA

6回

 

3位

金本浩二

5回

 

4位

田中稔(ヒート含む)

4回

 

5位

越中詩郎

保永昇男

ロウ・キー

プリンス・デヴィット

飯伏幸太

3回

 

 

 

【最多防衛回数】

1位

第46代 ヒート 11回

 

2位

第32代 獣神サンダーライガー 11回

 

3位

第28代 ウルティモドラゴン 

第60代 プリンス・デヴィット

7回

 

4位

第2代 高田延彦 

第7代 越中詩郎

第22代 保永昇男 

第43代 金本浩二

6回

 

第5位 

第21代  獣神サンダーライガー

第27代  ザ・グレート・サスケ 

第31代  大谷晋二郎

第59代  丸藤正道

第73代  KUSHIDA

5回

 

他には

最多通算防衛:31回 - 獣神サンダー・ライガー獣神ライガー含む)


デビュー最短戴冠記録:1年10ヶ月 - 馳 浩(第5代王者時代)


最年少保持記録:23歳0ヶ月 - オーエン・ハート(第4代王者時代)


最年長保持記録:40歳2ヶ月 - 金本浩二(第50代王者時代)

IWGPジュニアヘビー級王座 - Wikipedia

                                 こちらはWikipediaより

 

そして何気にマスクマンは11人。

誰だか分かりますかね?

 

まとめ

プロレス名勝負シリーズ vol.19 SUPER J-CUP ~2nd. STAGE~ PART.1 [DVD]

データ化すると何気にKUSHIDA、金本浩二田中稔越中詩郎保永昇男プリンス・デヴィットはワンランク上の結果出してますね。

タイガーマスクは防衛記録が伸びればってとこです。

 

またIWGPジュニアヘビー級王座をまとめてみましたが

獣神サンダーライガーの歴史みたいなほど残してきた功績がヤバすぎますね。

f:id:tukkoman:20190318123852j:image

                       (画像ライガーTwitterより)

そんなレジェンドが引退です。

獣神サンダーライガーが引退する東京ドームはアントニオ猪木だけらしいです、引退をした会場は。

(長州力は復帰したので省きました)

東京ドームは新日本プロレスでは年間で1番デカイ大会。

そこで引退は本当に功績を残した人でないとやらないと思います。

それほどのレジェンドです。

 

この次は新日本プロレスジュニアは誰が引っ張るのか楽しみでもあります。

多分髙橋ヒロムかなぁ、新人からジュニア一筋宣言して新日本プロレス一筋だしね。

ちなみに

新日本プロレス公式サイトでは各タイトルの全王者の一覧と防衛記録は全て分かりやすく無料で見れるんで、1回見てみても面白いです。

 

最後まで見てくれて
ありがとうございましたm(__)m

 

昨日は
スター

f:id:tukkoman:20190318125329j:image

ブックマーク

f:id:tukkoman:20190318125340j:image

f:id:tukkoman:20190318125427j:image

f:id:tukkoman:20190318125450j:image

f:id:tukkoman:20190318125500j:image

ありがとうございましたm(__)m

思ったより驚きだったみたいですね。

また実際に経験を元に納得された方もいたんで自信になりました。

ちなみに海苔は今は寿司ブームで海苔と生魚は食べれる地域が増えてきたんで削らせてもらいました。

すいやせん。