【のムのム】自然体つぶやきブログ

MENU

東日本大震災を忘れてはいけない、だからこそのエピソード。

おはようございます。

のムのム

でございます。

 

本日は3月11日。

東日本大震災が起きた日です。

忘れてはいけない。

風化してはいけない事です。

 

だからこそ

東日本大震災に関しての話を書きます。

 

 

 

パパが撫でた事がある髪だから

f:id:tukkoman:20180310123537j:image

 「幼稚園で一番長いんだ」

お尻まで伸ばした髪をなびかせ、ほほ笑んだ。

 宮城県塩釜市の高橋心陽(こはる)ちゃん(6)は、これまで一度も後ろ髪を切ったことがない。

東日本大震災が起きたのは1歳の時。

津波のことも、消防団員として避難を呼びかけながら亡くなった父、昌照(まさてる)さん=当時(37)=のことも、

ほとんど覚えていない。

仙台市の自宅にあった家族写真は津波で流された。

「パパがなでた髪かもしれないと思うと、切れないんです」

母の陽香(はるか)さん(42)にとって、心陽ちゃんの髪は夫のぬくもりを残す大切な思い出だ。

ポンプ車運用技術

 昌照さんが乗っていたポンプ車は自宅から約150メートル離れた場所で大破して見つかったが、連絡はとれないまま。

13日に避難先で知人と再会した陽香さんは、思わず泣き崩れた。

「パパがいないの」

傍らでは子供たちが不安そうに見つめていた。

「もう泣けない」

涙をこらえた。

 

 夜、おぶっていた真心君がつぶやいた。「パパ、死んだんだよね」

思わず否定した。

「パパ、生きてるから!」

自分に言い聞かせていたのかもしれない。

息子は背中で泣いていた。

 

同月30日、自宅近くのがれきの中から遺体が見つかった。

作業着の胸と肩には家族3人の名前をつなげた「真心陽香」の刺繍(ししゅう)。

肌は土色になっていたが、確かに昌照さんだった。死因は頭部損傷。ヘルメットには亀裂が走っていた。

TRUSCO ヘルメット ホワイト MPタイプ DPM148W

 昌照さんは最後まで住民に「逃げて」と呼びかけ、消防団仲間に「家族を逃がせ」と促していた。夫らしい行動だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

最後のキス

f:id:tukkoman:20180310123729j:image

気仙沼周辺で配送作業中に津波にのまれたらしいと、夫の上司から知らされた。
子供が眠ったのを見計らい、遺体安置所に向かった。
目の前のひつぎの中で眠っているのは、間違いなく夫だった。
涙があふれ出た。
遺体に何か着せてやろうと、倒壊を免れた自宅に戻り、
会社から引き取った夫の荷物にふと目がいった。
指輪が入っていた。

Varanda ドラゴンデザイン指輪 リング 龍紋 竜 メンズ ステンレス チタンリング チタン指輪 平打ち アクセサリー ブルー ブラック 20

以前、
「たまには指輪とか欲しいけど、パパはプレゼントくれる人じゃないもんね」
と、意地悪を言ったのを思い出した。
ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。
夫の顔についた泥をぬぐい、優しくキスをした。

                                               (neverまとめより)

 

 

 

 

 

 

募金

f:id:tukkoman:20180310123739j:image

バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、
その中の一人が「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから
募金できん。ちょっとこれ買うのやめるわ」って言って商品返品して
そのお金全部募金してた。お友達も続々と募金しててすごい感動した。 すごいよ

 

 

 

 

 

母親のお話

これは私(のムのム)の母親の話です。

母親は岩手県に生まれ岩手県で育ちました。

そんな母親が東日本大震災が起きて

母親は初めて岩手県に戻りました。

見た光景は

 

子供のころにあった景色。

 

自分が育った家。

 

子供と一緒に行った場所。

 

仲が良かった友。

 

全て無くなったそうです。

春を待つ/その線は水平線 [Analog] 7インチ アナログ

土地は全て水平線。

行けども行けども何もない空間。

母親は泣き崩れさったそうです。

全て無くなった・・・

物も景色も友も思い出も。

ナカバヤシ フエルアルバム 100年台紙 L-10R インテグレーション ブラック

昨日書きましたが

母親に何か出来ないのか?

これに繋がるんです。

だからこそ母親の力になってあげたいのです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回はほぼコピペです。

個人的にはこれでも良いと思います。

東日本大震災を忘れない。

東日本大震災―読売新聞報道写真集

この為にやってますから。

沢山の方の悲しみがありました。

それでも前を向いて頑張っている方々がいます。

それをこんな微力のブログですが

発信出来ればと思います。

 

 

最後まで見てくれて

ありがとうございましたm(__)m

 

 

昨日は

スター

f:id:tukkoman:20180311063428j:image

ブックマーク
f:id:tukkoman:20180311063437j:image

f:id:tukkoman:20180311063522j:image

f:id:tukkoman:20180311063530j:image

f:id:tukkoman:20180311063539j:image

f:id:tukkoman:20180311063547j:image

f:id:tukkoman:20180311063553j:image

ありがとう

ございましたm(__)m

コメントにも沢山ありがとうございましたm(__)m

やはり書くことで問題点が明確になり

気持ちが落ち着きますね。

そして皆さんの言葉が自分に勇気を与えてくれます。

本当にはてなブログで良かった。

本当に感謝致します。